マツオカの歴史

昭和

13年
桑名市に於いて建設機械器具の販売を目的に個人創業開始。
33年
6月資本金100万円にて株式会社松岡咸商店を設立。
44年
本社事務所及び川越工場を新設、営業とサービス力の強化を図る。
45年
川越工場の稼動によりリースレンタル部門を強化、プレハブ部門を新設。
47年
資本金を300 万円に増資。
社名をマツオカ建機株式会社に改称、四日市営業所及び工場を新設。
48年
資本金を1000万円に増資。
50年
仮設機材とプレハブハウス専門の事務所及び工場を新設。
53年
資本金を2500万円に増資。
タイガーリースセンターを新設。
一般向けレンタル、備品、行事用品レンタルを開始。
59年
資本金4000万円に増資。川越営業所を新設。
機械レンタル部門を本社より移す。
62年
名古屋営業所を新設。
名古屋都市部にレンタル営業を開始する。
亀山市に亀山営業所を新設。
63年
知多営業所を新設。知多半島にレンタル営業を開始。
衣浦営業所を新設。

平成

元年
鈴鹿営業所を新設。
名古屋中小企業投資育成会の投資を受け、資本金6000万円に増資。
2年
川越モータープールを開設。
3年
木曽岬工場・営業所を新設。
4年
員弁営業所を新設。
5年
軽足場営業所を新設。
7年
本社内に特販課を新設。
マツオカオリジナル商品などの製造販売、レンタル開始。
9年
高所機械営業所を新設。
11年
本社特販課を環境事業部と改称。
12年
営業開拓推進室を開設。桑名出張所を新設。
13年
知多市新舞子に知多営業所を新築移転。
仮設部門と足場部門を統合し仮設足場営業所として新築移転。
15年
亀山営業所を新築拡充し鈴鹿営業所を統合。
資本金を5,000万円に減資して中小企業の枠内になる。
18年
三重郡川越町亀崎新田に川越営業所を新築移転。
三重郡川越町南福崎に高所機械営業所を移転。
19年
名古屋営業所を閉鎖し、知多営業所に統合。
プライド物流と物流事業業務統合及び資本提携。
20年
四日市市末広町に四日市営業所・仮設機材営業所新築移転。
21年
営業部門強化の為、本社営業部を新設。
22年
仮設足場営業所をレンタル部門と工事部門に組織変更。
四日市営業所、仮設機材営業所業務を統合し業務開始。
23年
山長リース株式会社に100%出資し資本及び業務提携を実施。
24年
員弁営業所を閉鎖し、川越営業所と統合。
28年
みえ川越高松センターを新設。
株式会社ムービルトと資本及び業務提携を実施。
29年
地域未来牽引企業選定
ページトップ